北海道新聞に今年の事業が紹介されました

事務局です。

6月29日の北海道新聞朝刊に、今年の事業が紹介されました。
今年の事業の特徴が、とてもわかりやすく紹介されましたので、ご案内いたします。

以下、記事からの抜粋です。

・今年、初級から上級までのコースを続けて受講・受験できるようにした。
・これまでは合格の翌年にならないと上位の級を受講・受験できなかったが、短期間でレベルアップを図りたいという要望に応えた。
・今年は初級を7月17日、中級を8月28日(会場はともに真狩村交流プラザ)と別々に実施、上級(オープン講座と現場実習、プレゼンテーション)は9月から10月にかけて行う。
・こうした日程設定により、例えば7月の初級に合格した人は、8月に中級の受験ができるようになった。さらに中級に合格した人は、そのまま上級の受講ができる。
・検定は国の補助終了に伴い、来年度からボランティアでつくる「観光ガイド育成事業研究塾」が引き継ぐ。このため、最後の主催となる協議会の「上位の級を目指している人が、今年中に受講・受験できるようにしたいとの意向もあり、プログラムを変更した。

日時: 2010年06月29日 08:57