特別講座の第1回目が開催されました。

事務局より

11月16日(金)、18時より真狩村交流プラザにおいて、特別講座が開催されました。

第1時限:18:00-19:15
三木昇氏(北の森自然伝習所主宰)が、「風景を読む」というテーマで、何気ない風景の中に歴史や生活、産業、自然など、さまざまな物語が潜んでいることを、パワーポイントで映像を紹介しながらお話してくださいました。この日移動途中に見つけた風景を基に、とてもわかりやすく奥行きの深い興味深いお話でした。
今後のカリキュラムの編成に、とても参考になりそうです。

第2時限:19:25-20:30
菅谷伸一氏(レストランマッカリーナ シェフ)が、「羊蹄山麓の農と食」というテーマで、レストランでお客様に提供する食材を自ら畑で栽培していることから得られた、実感の伴うお話がありました。この地域の農産物にはどのような特性があるか、それをどのように調理しているか、また、食に関する地域の文化はどんな様子かなど、とても“おいしそうな”お話でした。会場からも、さまざまな質問が出されました。また、11月10日付けの『日本経済新聞社』の「NIKKEIプラス1」が行った「専門家おすすめのオーベルジュ」で、マッカリーナが全国一の評価をいただいたことが発表され、聴衆から大きな拍手が贈られました。菅谷さんのはにかんだ笑顔が印象的でした。


次回の特別講座は、11月28日(水)18時から、倶知安町のホテル第一会館です。

武井静夫氏による「ニセコ羊蹄山麓の歴史」(仮題)と、森田幸一郎氏による「ニセコ羊蹄山麓のアウトドアスポーツ」(仮題)の予定です。
多くの皆様のご参加をお待ちいたします。

事務局 日時: 2007年11月17日 20:37