「大人の水辺安全講座in尻別川」で研究塾の塾生が講義を行いました

9月30日「大人の水辺安全講座in尻別川」(NPO法人しりべつリバーネット主催)が行われ、その日のカリキュラムの一こまで、研究塾の塾生、斉藤透さん(真狩村)による講義が行われました。

0930.JPG

斉藤さんの講義は、
「尻別川と松浦武四郎」と題する内容で、
松浦武四郎が安政4年(1857年)に行った尻別川探索を軸に、
尻別川の当時の様子を詳しく紹介しました。
また、この探索を通じて、
武四郎はアイヌに対する和人の様々な圧迫についても実地に調査し、
その状況について幕府に詳細な報告を行い、
アイヌの文化に対する深い共感を示すとともと、
アイヌの暮らしを守る活動を積極的に行ったことも話されました。

武四郎の人生の全般にわたる紹介もあり、
北海道近代の幕開けについて、
尻別川を切り口とした深い視点から紹介する内容となりました。

斉藤さんの切り絵の素晴らしさも、
講義内容の理解を深める役割を果たし、好評を博しました。

日時: 2012年10月03日 11:43