検定試験問題の例題について:訂正

事務局より

既に検定試験の例題を公表しておりますが、基礎講座を受講された方から、この例題の形式では答えにくいところがある、とのご指摘をいただきました。ご指摘の通りであると受け止め、例題の形式を下記のように変更したいと思います。
お詫びして、訂正いたします。また、ご指摘いただきましてありがとうございました。


■検定試験問題のイメージ《例題》/訂正後

次の文章の空欄に当てはまる内容を下記の選択肢の中からひとつだけ選びなさい。

 「羊蹄山(ようていざん)」は、「後方羊蹄山( A )」と記されることもあります。この「後方羊蹄」の名を始めて記した史書は、『( B )』です。この中に、659(斉明5)年、( C )が百八十艘の軍船を率いて北征した際、二人の蝦夷から「後方羊蹄をもって政所とすべし」と進言があり、そこに群領を置いて帰った、と記されています。「後方羊蹄」の地名は、この後、( D )など多くの史家や探検家たちの想像力をかきたててきました。

【問1】Aは、なんと読みますか。正しい読み方をひとつ選んでください。★
    1)こうほうようていざん  2)しりべしようていざん  3)しりべしやま  4)しりべつやま
【問2】Bは、何と言う文献ですか。正しい文献をひとつ選んでください。
    1)古事記  2)日本書紀  3)後方羊蹄日誌  4)蝦夷志
【問3】Cは、なんという人物ですか。この人にちなんだ地名も残されています。ひとつ選んでください。★
    1)坂上田村麻呂  2)阿倍比羅夫  3)源頼朝  4)安部貞任
【問4】Dに該当する下記の人物のなかで、この地を訪れていない人物を一人選んでください。「蝦夷志」の著者です。
    1)松浦武四郎  2)新井白石  3)最上徳内  4)菅江真澄

事務局 日時: 2007年11月17日 19:41