夏の夜話の第6夜が行われました

8月8日(水)、「夏の夜話」第6夜が、ホテルニセコいこいの村を会場に行われました。

この日は、斉藤透さん(真狩村)による「イワオヌプリ散策、この花見つけた」の第2シリーズです。
7月4日にホテルあしりニセコで行われた第1シリーズと同じテーマですが、毎回夜話の直前に現地を取材し直して旬の花情報を紹介しよう、という意欲的な取組みです。
このことは、前回予告されていたせいか、前回参加された聴衆の何人かは、今回も参加されていました。熱心にメモをとりながら耳を傾ける光景は、今回も同様でした。
「実際に行ったような気持ちになれるし、今度は自分も実際に行ってみようと思いました。」
そんな感想を聞く事もできました。
また、東京から来られたと言う観光客は、「前日、硫黄山の近くまで行ってみたけど、草がぼうぼうで歩きにくいので、途中で断念して帰ってしまいました。もう少し整備してほしいと思いましたね」とのメッセージも聴かせてくださいました。ありがとうございます。

DSC_8369.JPG

ただ、地元からの参加者に比べて宿泊客の参加が少ない傾向が続いており、実施曜日の設定など、課題がありそうです。

次回は、8月15日(水)ユースホステルカリンパニを会場に、甲斐敏則さん(ニセコ町)がお話しします。お盆の夜ですが、ぜひみなさま、ご都合を付けてお越し下さい。

日時: 2012年08月12日 20:07