「夏の夜話」第8夜が行われました

8月22日(水)、恒例の「夏の夜話」、第8夜が行われました。

この日、ホテルニセコいこいの村でお話をしたのは、斉藤透さん(真狩村)。
13人の聴衆を前に、斉藤さんは、
イワオヌプリ自然散策シリーズの第3夜を披露しました。
季節ごと月ごとの旬の花情報が特徴となっているこのプログラムですが、
前回から1ヶ月後の現場取材としては、珍しく新たな花の発見が少なかったと言います。
お盆以降の猛暑のせいでしょうか?

DSC_8560.JPG

それにしても、今年の斉藤さんの夏の夜話は、毎回同じ散策コースの紹介なのに、
その回ごとに花の種類が異なっているのは、少なからぬ驚きですし、
ニセコ羊蹄周辺が多様な自然生態系に包まれていることを示す証となっているようです。

佐渡島からお越しの聴衆のお一人は、
「自分たちの郷里も、金山の歴史や豊かな自然環境が売りのひとつだが、
 ニセコの植物の多様性を知って、この地域の自然の豊かさをを感じた」
との感想を述べておられました。

次回は、8月29日(水)夜8時から、
ユースホステルカリンパニを会場に、松田政志さんのお話です。
ぜひご参加ください。

日時: 2012年08月23日 00:06