Q&Aその2:オープン講座の受講者から「じゃがいもの実」について質問がありました

上級コース「農業」のオープン講座の受講者から、講師の原田正さんに、メールで質問がありました。その内容と原田さんからの回答を掲載します。


■質問
じゃがいもの実の中にあると思われる種で、イモの収穫は可能なのでしょうか?

■回答
じゃがいもの実ですが、自分は採取して育てたことはありません。
キタアカリなどで沢山実を着けていますが、翌年以降、畑で実生が生えてきたのを見
たこともありません。
十分に熟した種子(かなり小さい)を採取できれば、芽がでてくれるかも知れませ
ん。
楽しみにプランター等にて試して見られるのは・・・とでも、お話しされてはいかが
でしょうか。

 通常、じゃがいもは種子ではなくて、イモを植えてイモを収穫しています。
花の後にできる果実の中にある種子(これを真正種子と言います)を、植えてもイモ
ができるとされています。
 しかし(芽が出てきても)
① 熟期、形、目の深さ、色などのバラツキが多い(品種固有の性質とは限らな
い)。
② イモ数は多いのですが、小粒で、収量は半分ほどのことが多いそうです。
③ 種子から育てるため、細い茎が弱々しく、収穫できる迄に何か月も要す
る・・・・・など、育種(品種を作る)を除いて実用的ではないと考えます。

日時: 2009年10月02日 00:14