羊蹄山の生態を見る

二重構造のコニーデ

「蝦夷富士」とも呼ばれる羊蹄山は、その山容から富士山にもたとえられ、古地図にも登場するほど人の関心をひきつけてきた山です。富士山と言えばコニーデ型成層火山の代表例ですが、単一の山ではなく、現在見る富士山の下に、古富士、小御岳火山、愛鷹山などが潜んでいることが知られています。これと同じことが、羊蹄山にも言えます。羊蹄山の生成史は、「古羊蹄山」の形成から始まります。これは、海抜1,000m級の火山です。その上に現在見る「本体火山」が作られるのですが、この噴火は三期に及びます。第一期でほぼ現在の大部分が形成されますが、第二期には特に西側に大量の溶岩を噴出しますので、西側に大きく膨らんだような形となります。羊蹄山が見る方向によっていろいろな山容と表情を見せるのは、そのためです。また、三期にわたる複雑な噴火履歴を持つことから、羊蹄山にはいくつかの寄生火山があります。「山頂部の北山」「半月湖(爆裂火口および溶岩円頂丘)」「650m山(溶岩円頂丘)」「502m山(溶岩円頂丘)」「富士見火山(砕屑丘)」などです。特に半月湖は、その神秘的な景観から観光資源としても有名です。同じ山麓といっても、それぞれの地域の人は、自分の場所から眺める個性的な羊蹄山を愛し自慢します。噴火の歴史は、山の姿に多様性を与えただけでなく、温泉や湧水の分布と湧出量、地質や土壌の違いに起因する農地など土地利用の多様性にも大きな影響を与えているのです。山麓の7町村が、共通性に包まれながらも多様な個性に彩られているのは、羊蹄山の複雑な成り立ちと多様な生態に起因するからかもしれません。

氷河期の生き残りが生息する独立峰の豊かな生態系

羊蹄山は数度の噴火で標高1898mまで“成長”した独立峰で、頂上付近に高山帯を有することが大きな特徴です。道内で1500m以上の高山帯をもつ最も南に位置する山であることから、南限あるいは道内で最も南の分布産地となる昆虫が多い山です。そこには、「氷河期の生き残り」と言われる昆虫も含まれ、ダイセツオサムシはその代表例です。その名のとおり、羊蹄山の頂上部以外では、道内でも大雪山の高山帯だけに生息する昆虫です。ダイセツオサムシ以外にも、1991(平成3)年の調査では5種類の高山蛾が発見されていますが、狭い頂上部分とはいえこれだけ希少な種が発見されたことは、羊蹄山の生態系の豊かさに裏打ちされた結果といえます。ちなみに、羊蹄山頂上部は、環境省による自然度指標でもっとも自然度が高い(=10)場所のひとつとなっています。さらに、中腹から広く広がる裾野に至るまで全山で370余種に及ぶ植物が見られ、その中でも90を越える高山植物を含む高山植物帯は、1921(大正10)年に国の天然記念物に指定されています。また、独立峰であるがゆえに生物の垂直分布が比較的明瞭であることも、大きな特徴です。昆虫や動物の生息環境である植生は、麓から山頂まで、広葉樹林帯、針広混交林帯、ダケカンバ帯、ハイマツ帯、高山帯(お花畑・風衝地・ガレ場、雪田)に区分され、さまざまな生物の生息環境を豊かなものにしています。馴染みの野生動物も、この生息環境に適応しています。

羊蹄山にはヒグマはいない?

羊蹄山にはヒグマはいないというのが、定説となっているようです。しかし、開拓当時ヒグマはどこにでもいたのです。人間社会の空間が拡大するにつれ、ヒグマの生息空間が狭められ個体数は減少しましたが、生息空間が狭められたことによって、ヒグマは人間社会と接する機会が増えるようになったとも言えます。羊蹄山麓においても時折ヒグマ出没のニュースが流れ、どこから移動してきたのか話題となったりします。羊蹄山自体は単独峰であっても、裾野の森が周辺の山系とつながっていることから、野生動物と遭遇する機会は決して少なくないのです。羊蹄山の生態系は、そのコニーデ型独立峰にも似た独自のピラミッド世界を維持しています。しかし同時に、自然生態系の裾野は人間の地域社会と接していることから、人間社会の行動様式との間で互いに大きく影響しあっているのです。羊蹄山と人間社会の関わり。それが、羊蹄山物語の最終章です。



羊蹄山火口部
羊蹄山火口部

外観から見る羊蹄山

羊蹄山を眺めてみましょう。

いくつかの谷筋が目にはいりませんか?初夏の頃になると、羊蹄山の山腹に幾つもの谷筋が目につくようになります。残雪の残った雪渓ですが、これは何度も溶岩流が流れ出た道筋だと考えて良いでしょう。この道筋には、真っ直ぐなものから急に曲がっているもの、また人の文字のように二股に分かれているものがあります。実は、このように谷筋が大きく曲がったり、分かれたりするのは、そこに障害物があるためであり、基盤となっている溶岩の性質が突然に変化するためです。つまり曲点(谷筋の曲っている点や二股に分かれている点)の部分の上下で岩質(基盤岩)が大きく違うのです。このことから、曲点の上下は異なる噴火活動で形成されたと考えることができます。

曲点に注目してみてください。

不思議なことに、いくつかの曲点は同じ高さ(標高)に集中する傾向があります。そして複数の曲点を横につなげると、山体を大きく3 つに区分(基礎部分、中腹、上部)することができます。このことから推測して、どうやら羊蹄山は大きく3回の火山活動で形成されたらしいと見当をつけることができます。

山頂に目を転じましょう

[羊蹄山山頂のお釜]羊蹄山の山頂には噴火口があります。いくつあると思いますか。一つではありません。実は三つの噴火口が肩を接して並んでいます。大きい順から「父釜」、「母釜」そして「子釜」と呼ばれています。そして、「父釜」、「母釜」「子釜」の順に新しいといわれています。古い火口のすぐそばに新しい火口が噴き出ると、当然のことながら新しい火口は古い火口を変形させてしまいます。つまり古い火口ほど変形を受け、その形がいびつになります。このことから、火口の新旧を推定することが可能です。(倶知安町風土館の資料より)

日時: 2007年10月25日 09:01