植生

植生

昭和54年調査の現存植生図によると、羊蹄山麓周辺の植生はおおよそ次のようになっています。平地部は市街地を除き、その多くが畑地で、倶知安の一部と蘭越では水田が多くの面積を占めています。標高が低い山地部分ではエゾイタヤシナノキ群落がその殆どを占めており、羊蹄山とニセコ連峰だけは特別な植生が広がっています。

羊蹄山の植生

羊蹄山頂の高山帯には数々の貴重な高山植物が見られるので、国の天然記念物に指定されています。羊蹄山産の植物の種類は370余種に達します。現存植生図によると麓から標高700m付近まではエゾイタヤ―シナノキ群落、標高700mから1100m付近まではエゾマツ―ダケカンバ群落、1100mから1500m付近まではササ―ダケカンバ群落、1500m以上の場所ではコケモモ―ハイマツ群落、山頂付近と山頂火口内は高山ハイデ及び風衝草原となっています。さらに詳しく見てみると、山頂付近の高山帯は、生育環境の変化に応じて次のような群落が見られます。

岩生植物群落

噴火口東側の溶岩地帯は固着地衣類のほか、イワヒゲ、コメバツガザクラ、コケモモ、イワウメ、イワベンケイ、ミヤマウシノケグサなどが岩壁に着生していて特異な群落をつくっています。

乾生植物群落

山頂の尾根や噴火口内の砂礫地に形成されるまばらな群落で、イワブクロ、メアカンキンバイ、イワギキョウ、ウラジロタデ、ヒメイワタデ、タカネオミナエシ、キクバクワガタ、タカネキタアザミ、オノエリンドウ、リンネソウ、ミヤマコウボウなどが主な種類です。

雪田植物群落

噴火口内や窪地のような冬季大量の雪が吹きだまるところで、安定した肥沃な適潤地に発達する群落で、7月になるとミヤマキンバイ、チシマフウロ、イワオトギリ、イブキゼリ、エゾオヤマリンドウ、エゾノツガザクラ、コガネギク、オダサムタンポポ、ミヤマヌカボ、コメススキ、ミヤマクロスゲ、リシリスゲ、タカネスズメノヒエなどが一斉に花を開き、美しいお花畑になります。

高茎草本群落

傾斜のややゆるやかな斜面や浅く谷間状に窪んだ肥沃な適潤地に成立する草丈の高い群落で、上層はチシマアザミ、オニシモツケ、アマニュウ、エゾニュウ、オオカサモチ、ミヤマセンキュウ、エゾゼンテイカ、ヨブスマソウ、下層はイブキゼリ、カラマツソウ、シラネアオイ、クルマユリ、ヒメタケシマラン、ミヤマオダマキ、アラシグサ、エゾノイワハタザオ、タカネノガリヤスなどで構成されています。

常緑低木群落

砂礫地帯の安定した傾斜の緩慢な場所にはエゾイソツツジやコケモモが、湿潤な場所にはキバナシャクナゲが群落を作っています。落葉低木群落噴火口内壁や窪地の風当たりの少ない地帯に発達します。ミヤマハンノキ、ウラジロナナカマド、ダケカンバ、マルバヤナギ、エゾミヤマヤナギ、エゾノマルバシモツケ、ウコンウツギ、オオバスノキ、クロマメノキ、エゾクロウスゴ、イワツツジなどが主な種類です。

針葉低木群落

ハイマツが主な構成種で山頂一帯に不連続に分布しています。ササ群落山頂付近の北西及び南斜面の安定地には、草丈が矮小になったネマガリタケが群生しています。湿生植物群落羊蹄山ではごく狭い地域に限られますが、星が池周辺や薬草が原の湿潤地に見られ、イワイチョウやウメバチソウ、ウスバスミレなどが主な種類です。

水中植物群落

星が池の小さな水溜りのような池に、エゾホソイがただ一種類だけの群落をつくっています。

地図:植生の垂直分布 地図:植生の垂直分布

ニセコ連峰(イワオヌプリ火山群)の植生

現存植生図によると麓から標高800m付近までは羊蹄山と同じくエゾイタヤシナノキ群落ですが、標高800m以上ではササダケカンバ群落とササ自然草原が斑状に混在し分布しています。また、山頂付近にはコケモモハイマツ群落、高山ハイデ及び風衝草原などが見られ、散在する湖沼や高層湿原の付近ではツルコケモモミズゴケクラス、ヌマガヤオーダーなどの植生となっています。

イワオヌプリ火山群の山麓や山腹には湖沼や高層湿原が散在しているので、水中植物や湿生植物の種類に富んでいます。それでは植生を詳しく見てみましょう。

ニセコアンヌプリ山麓から中腹900m付近までは草丈2mを超えるネマガリタケが著しく群生し、この中にダケカンバやナナカマドなどが散生していますが、樹種はさほど多くはありません。ワイスホルンも同様です。一方、ニセコアンヌプリと対峙しているイワオヌプリは東方および北方斜面とそれに続く山麓は植物の生育が良好ですが、南方と西方の斜面の土壌は多量の硫黄を含んでいるので、植物はほとんど生育していません。

ニセコアンヌプリ、イワオヌプリ、ワイスホルンはいずれも800m前後で高木限界に達していますが、常緑樹のエゾマツやトドマツの天然林がない原因として、ネマガリタケの密生と往時山火があったことが考えられます。イワオヌプリ火山郡中、ニセコアンヌプリの海抜400mから上に産するシダ植物以上の植物の種類は、約280種で、このうち羊蹄山には産しない種類もかなり多く、40余種にも達します。逆に羊蹄山に産し、イワオヌプリ、ニセコアンヌプリ、チセヌプリに産しない植物は約30種ほどです。

帰化植物

本来の自生地から人間の媒介によって移動し、その地に自生するようになった外来の植物を帰化植物と呼びます。ここで見られる主な帰化植物は、メマツヨイグサ、ビロードモウズイカ、オオハンゴンソウ、アラゲハンゴンソウ、タンポポモドキ、コウリンタンポポ、キバナコウリンタンポポ、アメリカオニアザミ、エゾノキツネアザミ、ヒメジョオン、キクイモ、キクニガナ、ユウゼンギク、オオアワダチソウなどです。

五色温泉周辺の奇妙な植生

次の写真をご覧下さい。これは五色温泉の泉源部分を、イワオヌプリを背景に撮影したものです。

特に谷筋にご注目。残雪も見られますが、白っぽい裸地の部分が現出しています。ここには植物が生えていないか、生えていても非常にまばらな場所です。

一方、谷を取り囲む部分は、葉を落としたダケカンバとチシマザサの密なヤブからなっています。ダケカンバは亜高山帯を構成する代表的な樹種ですから、植物から見た場合、ここには典型的な亜高山の植物が生えています。

ところで、写真でははっきりと確認できませんが、谷筋の裸地の部分にまばらに出現する植物の種を見ると、ハイマツ、シラタマノキ、コケモモ、ガンコウラン、イソツツジなどで、これらは高山帯に生息の中心を持つ、いわゆる高山植物です。

本来ならば、高山植物の見られる高山帯は、ダケカンバの生える亜高山帯の上部に位置するはずです。ところがここでは、高山帯に出現するはずの植物が、亜高山の植物よりも標高の低い場所に出てきているのですね。つまり植物の垂直分布が逆転しています。一見とても奇妙に思えますが、ここだけではなく、ニセコ山系のあちこちで見ることができます。ニセコ山系の植物が示す大きな特徴と言っても間違いではありません。

どうして逆転しているの?

鍵を握っているのはイオウだと考えられます。イオウというのは、元々地中深くに存在するのですが、温泉の熱水に溶け込んで、地表まで運ばれる性質があります。そして地表の土を強い酸性にしてしまいます。五色温泉の谷筋の白い裸地は、イオウを多量に含んでいるのですね。ですから白っぽく見え、さらに強い酸性に耐えることのできない植物、例えばニセコの山々のどこにでも見られるダケカンバやチシマザサがここには生えていないのです。

さて、土が強い酸性を示すために多くの植物が生えることができないとすると、そこに空いたすき間が残されます。もし強い酸性に耐えて生活することができれば、他の植物が入り込むことのできないそのような場所に住み着いて占領することが可能になるでしょう。実はここに見られる高山植物がそうしているらしいのです。

強い酸性に耐える高山植物

高山植物の中のあるものは、どうやら高い山の山頂などのような極端に寒い場所が好みなのではないらしいのです。条件の良い場所だと、他の生活力のある植物との競争に負けてしまうので、仕方なくそのように環境条件の厳しい高山で生活しているのもいるらしいことが明らかになってきました。高山や強い酸性を示す場所というのは、環境条件が極端に厳しい点で共通しています。さらには土に栄養分が極端に少ない点でも共通の特徴を持っているために、そこには生活力の旺盛な他の植物が入り込むことのできないすき間が存在しています。つまりダケカンバやチシマザサが浸入できない場所、それが五色温泉の谷筋なのですね。そこに高山植物が入り込んで住み着いている。そう考えるとつじつまの合う面が多いのですね。(倶知安町風土館の資料より)

日時: 2007年10月25日 09:09