ニセコ山系以外のスキー場

ルスツリゾート

1972(昭和47年)12月、大和観光(株)が橇負山を中核としてスキー場を開設しました。札幌にも近く洞爺湖温泉もひかえる国道230号線沿いということで、観光開発の好適地として注目したためです。その後、1981(昭和56)年に加森観光(株)に移譲され、通年型リゾートとして発展してきました。現在では、スキー場はWest.Mt(ウエストマウンテン)、East.Mt(イーストマウンテン)、Mt.Isola(マウントイゾラ)と3つの山にまたがっており、総コース数37・総滑距離42km・輸送能力毎時30,300名と3つの北海道一を誇ります。


中山峠スキー場

中山峠は当初、家族ぐるみの憩いの場、青少年の健全育成を目的として、国設スキー場、高原ホテル、ユースホステル、体育館、物産館などが建設されました。スキー場は1966(昭和41)年に建設されています。現在では、経営は加森観光(株)が行っており、毎年11月上旬から5月の連休までロングラン営業をしているスキー場として人気があります。

日時: 2007年10月25日 09:14