ジャガイモ

ジャガイモとデンプン

ジャガイモは、開拓当初から開拓者の重要な自家用食料として大切に栽培されてきた農作物。栽培が盛んになったのはデンプン製造がブームとなった大正期からのことでした。デンプンの原料は「夏薯」といわれていた早生の赤薯でしたが、その後、雪形(ゆきがた)、蝦夷錦(えぞにしき)、アメリカワンダー(後のアメリカ大白)、神谷薯、メークイン、ヘグロン、昭和初期には神谷薯、金時、蝦夷錦が中心に。食用の男爵いもの栽培も始まりました。1938(昭和13)年には留寿都村で育成された「紅丸」がデンプン原料として急速に普及。紅丸より少し遅れて農林1号が登場、狩太では「ニセコ」「ヨウラク」などの優良品種が試作されて、広く栽培されるようになりました。

紅丸の誕生

ジャガイモが一般に普及したのは、アメリカから開拓使が導入した明治初期。明治中期までは根室紫(屯田薯と呼ばれる紫のイモ)が主流でした。その後、アーリーローズ、スノーフレーク(後の雪片(ゆきへん))が出、大正期にはヘプロン、ルーラルニューヨーカー2号、アメリカワンダー、ノーザンスター(後の勇知薯、稚内薯、白独白)、グリーンマウンテン(後の蝦夷錦)などが加わり、根室紫は消滅。大正末期になると、男爵薯、メークイン、金時薯、神谷薯、ペポーが登場。ヘプロン、雪片が消え、アメリカ大白、アーリーローズも、昭和10年ころになくなりました。そして、1938(昭和13)年に留寿都村で「紅丸(べにまる)」が誕生することになるのです。紅丸は、ペポー種を父とし、レンプケフルーエ・ローゼを母として、1929(昭和4)年、北海道農事試験場圃場で人工交配し、翌年に実生したものの中から、紅色ではありますが、イモの着生が多く、粒ぞろいの良好なものを選抜して誕生。二次生長し、馬鈴薯萎縮病に弱いものの、多収で、くずイモを出さず、掘りやすくて、腐敗しにくい特長を持っています。この紅丸誕生のために力を尽くしたのが留寿都村の増田勇次、大西麻太郎の農家でした。

1932(昭和7)年、北海道農事試験場は、選抜した本育309号の種薯を、留寿都、真狩、狩太、士別、美深の各町村農会に他系統と一緒に配布。比較試験が行われましたが、留寿都村以外の町村では各系統とも評判が悪く、相手にされない状態でした。しかし、増田勇次と大西麻太郎は増殖を重ねて良い成績をあげて、1936(昭和11)年には村全体から在来品種が姿を消すほどまでに拡大。1938(昭和13)年には優良品種なり、全国的に知名度をあげる第一歩を踏み出しました。

シストセンチュウとの戦い

1972(昭和47)年7月末。日本ではまだ発生していなかったジャガイモシストセンチュウが羊蹄山麓で発生していることが、北海道農業試験場によって確認されました。ジャガイモシストセンチュウは、南米ペルーで発生。一般的にゴールデン・ネマトーダと呼ばれ、1600年代にヨーロッパに侵入し、各地にまんえんしたといわれています。発生の確認は、南羊蹄地区農業改良普及所から北海道専門技術員を通じて、生育不良ジャガイモ「紅丸」標本の判定が道立中央農試病虫部に依頼され、同農試稲作部から線虫寄生による生育不良として判定されたことによるもの。発生状況の調査の結果、依頼標本圃場と同様の被害ジャガイモがかなり広範囲にわたっていること、ビート、小豆、カラスムギの栽培圃場の土壌中にも存在していることが明らかになりました。この事態を重く見た道知事は、農林大臣あてに「植物防疫法」第21条による新線虫の発生報告を行い、同時に横浜植物防疫所に標本を送付。同所が精査を行った結果、ジャガイモシストセンチュウの国内発生が正式に確認。農水省は緊急に対策会議を開き、発生調査を実施しました。その時、今後ジャガイモの栽培は不可能になるのではないかといわれ、ジャガイモに代る作物は何にすべきかなどが真剣に議論されるまでに。秋播小麦、野菜類が導入されるなど深刻な事態となりました。

シストセンチュウは、ジャガイモの根に寄生して株を衰弱枯死させ、ひとたび発生した圃場ではジャガイモを植えなくても10年以上も土の中で生き続けて、ジャガイモが植えられるとこれを侵すという執念深い害虫。雌はシストと呼ばれる卵を数百個も内蔵した袋を持って土の中に生存し、ジャガイモやナス科の作物の根から分泌される特殊な化学物質の刺激で殻を破ってふ化した幼虫を放出。シストは直径0.6mmくらいの大きさで、始めは白色、その後黄金色(ゴールデン・ネマトーダ)、さらに褐色になるといいます。侵入径路の可能性としては、1960(昭和35)年ころからペルーより有機肥料として日本に輸入されていたグアノ(海鳥糞)肥料に混入して伝播されたのではないかという説が有力です。初発生をみた1972(昭和47)年8月上旬には、茎葉観察による調査が行われ、4集落19戸、41haに被害があることが確認されました。そのうち発生の多い6haに全額国庫補助の燻蒸剤(DID)を数年継続使用した後、浸透性殺線虫(バイデート粒材)も使用。しかし、これらは絶対的なものではなく、適正な輪作体系の確立と抵抗性品種の栽培、営農機械などの洗浄、土壌および植物検査などの徹底が不可欠とされています。近年は農薬による防除は行われておらず、生産者の自衛策によりほとんど被害がみられなくなりました。

また、1974(昭和49)年から北海道立中央農業試験場ほかで、前年導入されていたドイツ民主共和国の植物育種研究所において交配育成されたジャガイモ「ツニカ」が、ジャガイモシストセンチュウに対する抵抗性、生産力などの検査後、1978(昭和53)年に優良品種に決定。農林省に新品種「ツニカ(ばれいしょ導入3号)」と命名、登録されるに至りました(道央のジャガイモシストセンチュウの発生地帯が適応地域)。なお、トヨアカリ、キタアカリ、エゾアカリは、ツニカとの交配によって作り出された新品種です。

羊蹄山麓のジャガイモ

羊蹄山麓のすべての町村で作っているジャガイモ。2007(平成19)年の作つけ面積=表参照=を見ると、食用ジャガイモとしては「男爵いも」の作つけ面積が最も多く、次いで「キタアカリ」「とうや」が続きます。また、倶知安、京極は特に男爵いも、留寿都はきたあかりが多く、真狩・ニセコは品種が多彩。米どころとして知られる蘭越では、全体的に少なくなっています。なお、表にはありませんが、京極と倶知安では種子用のジャガイモの栽培も盛んです。

グリコアルカロイド

昔ソラニンと呼ばれた毒性のある物質。ジャガイモの表皮が緑化したものや、目から伸びた新芽の基部に多く含まれています。エグミが強いので口に入れると分かりますが、食べてしまうと腹痛、胃腸障害、めまい、下痢などの症状を起こしてしまいます。ジャガイモが緑になっている場合は切り落とし、伸びた芽はえぐり取って調理しましょう。

いろいろなジャガイモ

栽培されている食用ジャガイモの特徴を紹介します。

男爵いも

目の部分がくぼみ、でこぼこした丸い形。デンプン質が多く、ほっくりとした食感が、多くの人に愛されています。煮くずれしやすいため、粉ふきいもやマシュポテト、コロッケなどの料理に適しています。原産国はアメリカ。淡い赤紫色の花を咲かせます。

メークイン

楕円形の形が特徴。しっとりとした食感で煮くずれしにくいため、カレーやシチュー、肉じゃがなどの料理によく使われます。原産国はイギリス。「メイクイーン」と呼ばれることが多いのですが、正式品種名は「メークイン」です。ヘリオトロープ色の花を咲かせます。

ワセシロ

舌触りがよく、ホクホクとした食感です。大粒でも中の空洞が少ないため、ポテトチップに最適。長く貯蔵すると粘度が増しますが、越冬前は煮くずれしやすくなっています。北海道の新じゃがは6月下旬のワセシロから始まります。ヘリオトロープ色の花を咲かせます。

キタアカリ

ジャガイモシストセンチュウへの抵抗性を持たせるため、農林水産省北海道農業試験場(現北海道農業研究センター)で品種改良して誕生。カロチンやビタミンCが多く、甘みが強いが煮くずれしやすい。肉色に黄色が強いのも特徴です。淡い赤紫色の花を咲かせます。

とうや

名称を洞爺湖に由来するジャガイモ。「黄爵(こうしゃく)とも呼ばれ、肉色が黄色で、キタアカリにやや劣るもののビタミンCが多く、口当たりが滑らか。煮物やスライスサラダに向いています。白い花を咲かせます。

トヨシロ

風味は男爵に比べてやや劣るといわれていますが、目が細かく、粉がふくわりには煮くずれが少ないのが特徴。揚げると男爵より色合いがよいため、ポテトチップ、フレンチフライなど加工用として重宝されています。白い花を咲かせます。

さやか

やや楕円形で大きめのものが多く、収穫後に太陽にあてた時の緑化の進みが少なく。グリコアルカロイドの生成も少ないのが特徴です。煮くずれしにくいため、調理用として優れています。白い花を咲かせます。

紅丸

紅色がかった皮が特徴。貯蔵中に還元糖度が増すため、年が明けると甘みが強くなります。そのため、道東や海岸部では古くから生食用として人気のある品種。白い花を咲かせます。

ニシュタカ

偏球形で目のくぼみが浅く、淡い黄色で、見た目のよいジャガイモです。肌は完熟するほどにあらくなりますが、肉質が硬く、おでんや揚げじゃがに向いています。白い花を咲かせます。

アンデス赤

皮は紅色、肉色は黄色ですが、栽培環境によって肉に薄い紅色が入ることもあります。赤紫色の花を咲かせます。

十勝こがね

芽の動きだすのが非常に遅く、貯蔵後の品質劣化も少ないため、一次加工性に優れた品種です。ホクホクとした食感で、調理用としても人気です。白い花を咲かせます。

インカのめざめ

濃い黄色の肉色が特徴。舌ざわりがよく滑らかな食感で、ナッツや栗に似た独特の風味があります。煮くずれが少ないので、煮物に適しています。淡い紫色の花を咲かせます。

平成19年産の作付面積 後志支庁農務課調べ 平成19年産の作付面積 後志支庁農務課調べ

※生食用、加工用、でんぷん用、種子用、自家用、その他の用途を含む合計値 (単位:ha)

■特徴

  • 全体に「男爵」が多く、「きたあかり」「とうや」がそれに次ぐ
  • 倶知安、京極は特に「男爵」が多い
  • 留寿都は、比較的「きたあかり」が多い
  • 蘭越は全体に少ない
  • 真狩、ニセコは、品種が多様
  • データのほとんどは「生食用」
  • データは表示されていないが、「種子用」が比較的多いのは京極、倶知安

日時: 2007年10月25日 09:18