鉄路の歴史

石炭を中心とした地下資源の大量輸送と兵員や兵器、物資の輸送を目的にスタートした鉄道建設。馬鉄から機関車へ。停車場から駅へ。時代と共に刻み続ける鉄道の歴史の一片を紹介します。

北海道鉄道

小樽-函館間の路線、北鉄線が全通したのは1904(明治37)年のこと。1896(明治29)年、政府が北海道に必要な鉄道を建設する方針を固めたものの、小樽-函館間には海運の便があることと国家が財政難であることから、第一期ではなく、第二期の鉄道計画として進められることとなりました。このころから民間の動きが活発になり、1899(明治32)年には平田文右衛門が中心となって準備を進め、北垣国道を社長に函樽鉄道株式会社創立。翌年、会社名を北海道鉄道株式会社と改称。この会社の路線は、完成した区間ごとに営業を始め、北鉄線または函樽線と呼ばれました。

1907(明治40)年には、政府が北鉄線を買収。国有鉄道になったことで北鉄線の名称はなくなってしまいましたが、名称はしばらくの間そのまま使われていました。

京極線

北鉄が国有鉄道になった明治40年ころ。倶知安町の有志らが、胆振縦貫鉄道の実現を唱えて請願書を当時の鉄道院に提出しましたが実現ならず。しかし、この夢の一部が1919(大正8)年に京極線という形で現実のものになりました。倶知安-京極間に延長13.4km。脇方鉄山という宝が鉄道を呼び寄せたといっても過言ではないでしょう。京極線開通の年には三井鉱山株式会社が京極-鉄山間に鉄道の敷設工事を始め、完成と同時に国有鉄道に寄付。同時に駅名を「脇方」としました。京極線工事は他の鉄道建設工事同様に過酷なもので、この建設にともなう監獄部屋の様子は、作家・沼田流人の小説「血の呻き」にも記されています。

戦後の鉄道とSL

陸運統制で厳しい輸送体制がしかれ、旅客制限が施行されていた国鉄は、戦後、引揚げ者の輸送、燃料不足などでさらに深刻な状態に。現在でこそ函館本線は営業体形が函館-長万部、長万部-札幌(または長万部-小樽と小樽-札幌)、札幌-旭川に分かれていますが、当時の北海道第一の幹線は函館-長万部-小樽-札幌-旭川をつなぐ鉄路。しかし、厳しい情勢の中では、名物機関車の「C51(シゴイチ)」「C56(シゴロク)」「C57(シゴナナ)」は存分に走ることができず、「D51(デゴイチ)」もあえぎあえぎの走行でした。ようやく平静が回復した1948(昭和23)年、新たな経営発想が求められるようになり、1955(昭和30)年「周遊券」を発売。これは自動車交通が未発達だった時代にあって、ニセコ地方一帯で爆発的人気となり、鉄道による観光が大いに増進されました。また、スピードアップにも力が注がれ、旅客列車用機関車としては国内最大最速の「C62(シロクニ)」が函館本線に登場。長万部-小樽間の峠を縫う姿は圧巻だったといいます。しかし、時代の流れと共にSL廃止。1974(昭和49)年にはC62も姿を消してしまいました。

駅の名前

北鉄線の開通に先立って、一部の駅名を改称。そのベースとなったのが江差追分の存在でした。「忍路高島及びもないがせめて歌棄磯谷まで」。

北鉄線は後志に入ると、この江差追分の里の近くを通る。ならば思い切って名称をかえようということで、目名を磯谷、蘭島を忍路、小樽中央を高島、大曲は阿部比羅夫の故事にちなんで比羅夫に。しかし、地元の人たちの合意を得ない一方的な名称は長続きせず、比羅夫を除いて再び元の名前に戻ったといいます。

日時: 2007年10月25日 13:01