倶知安町の主なまつり

くっちゃん・ジャズ・フェスティバル(7月下旬)

北海道の代表的夏フェスの1つとしてすっかり定着した「くっちゃんジャズ・フェスティバル」がスタートしたのは1990(平成2)年。その翌々年の1992(平成4)年からは世界的に有名なモントレイ・ジャズ・フェスティバルと縁を結び、毎年アメリカから学生を招聘。音楽をこよなく愛する地元の青少年と言葉の壁を越えた音づくりを楽しみます。

世界の音楽シーンで活躍するジャズマンたちの華麗な演奏はもちろんのこと、北海道で地道な活動を続けているアマチュアミュージシャンによるセッションも聴きごたえがあり、1998(平成10)年には「北海道地域文化選奨特別賞」を受賞。熱いジャズサウンドを通じて心を通わせあう新しい夏祭りとして注目されています。

くっちゃんじゃがまつり(8月初旬)

後志四大まつりの1つに数えられる「くっちゃんじゃがまつり」は、じゃがいも王国・倶知安ならではの夏の収穫祭です。町民総出で行われるこの祭りは、「じゃがねりこみパレード」、1000人参加の「じゃが踊り」などユニークな催しが目白押し。「羊蹄百人太鼓」などの郷土芸能披露も必見です。

雪トピア・フェスティバルinくっちゃん(2月下旬~3月初旬)

豪雪を逆手にとった冬の祭り「雪トピア」。以前から様々な名称で継続されてきた倶知安町の冬のイベントは、1989(平成元)年に若者たちの手によって新しい祭りとして立ち上げられました。一般公募による雪像コンクールやジャンボ滑り台、トライアスロン、ソリリレー、小学生によるスキージャンプ、スノーモービル、雪中花火大会など、冬の遊びをたっぷり堪能できる2日間です。

日時: 2007年10月25日 15:01