蘭越町の主なまつり

蘭越夏まつり(8月中旬)

蘭越町の夏まつりは、帰省客でにぎわうお盆に開かれています。ビアガーデンや盆踊り、筏流し大会や花火大会などイベントが盛りだくさんの充実したまつりに成長しました。なつかしい面々が集うこのまつりに合わせて行なう成人式も、蘭越の夏まつりならではの風景です。

「キララ共和国」建国祭(10月)

1994(平成6)年に建国された「キララ共和国」は、商店会振興会がつくったミニ独立国。毎年10月に行われる建国祭にはおおぜいの町民が参加して、音楽祭やストリートゲームなどを楽しみながら建国を祝います。道内各地のミニ独立国が集まって町づくりなどを語り合う「北海道ミニ独立国連邦サミット」の会場にもなりました。

蘭越町芸能文化祭(11月)

文化と郷土の歴史に親しむ祭として定着している「蘭越町芸能文化祭」では、軽音楽演奏やコーラス、日本舞踊、「港沖揚げ音頭」をはじめとする郷土芸能が披露され、町内のサークルや同好会、郷土芸能保存会の面々が日頃の練習の成果を発揮しています。

蘭越町では1968(昭和43)年に郷土芸能保存会が結成され、以来、「港沖揚げ音頭(ニシン漁の際のかけ声となる労働歌)」をはじめ、「讃岐瑞穂神楽(香川県より伝来)」「下賀老獅子舞(青森県黒石市より伝来)」「大南部神楽(青森県大南部より伝来)」「田下やぶ出し木やり(伐採した木材を運ぶ際のかけ声となる労働歌)」など、町内5地区に伝えられた郷土芸能の伝承に力を注ぎ、若い世代へ開拓精神や愛郷心を伝える架け橋となっています。

日時: 2007年10月25日 15:03